第14回 高松クリニック(香川県)

日 時:2014年12月7日(日) 9:00~11:00

場 所:高松市立牟礼小学校

人 数:男女47名

コーチ:小畑 亜章子

メニュー

①腹筋・アップ

腹筋(ノーマル、サイド、ツイスト、股下交互)

大きくスキップ、スキップ手つき、サイドステップ手つき

キャリオカ、ジャンピング、リズムジャンプ

ハーキーダッシュシリーズ(4種)、手なしダッシュ

②ハンドリング

ボール回し、8の字、つまみ上げ、片足ボール回し、巻き込み

ボール上げキャッチ、股下持ち替え

(2ボール)ボール上げボールタッチしてキャッチ、両手上げ

(歩きながら)オールコート股下持ちかえ

スキップドリブル、転がし、リフトロック

③ドリブル

ドリブル 笛合図ストップとダッシュ、スピードドリブル

追っかけドリブルレイアップ、押し合い1対1、向かい合い1対1

④パス・シュート

2人組パス(チェスト、ドリブルからパス、レッグスルーパス、ラインタッチミート)

シュート(ラインタッチシュート、ゴール下ミートシュート、シュート競争)

⑤質疑応答


クリニックの様子

ボールハンドリング
ボールハンドリング
パス練習
パス練習

シュート練習
シュート練習
シュート練習
シュート練習

記念撮影
記念撮影
サイン会
サイン会

小畑コーチの感想

朝早くから始めたのでとても体育館は寒かったですが、みんな元気でした。ハンドリングではみんな近くに集まってくれて、一つ一つ上手になりたいと近くで見る姿勢がとても良いことだと感じました。しかしプレイをする時に、人と近かったり、端っこでやったりと消極的なところもありました。試合ではフロアーバランスをとることにも繋がるので、気が付いた人は広いスペース、いいポジションでプレイすることも必要だと思います。これは試合で全体を見る視野、気配りにもなり大切なことです。バスケットに直接関係ないことでも、繋がることはたくさんあります。そういうところを意識することもバスケットの楽しさの一つだと思います。今回、みんな楽しそうにバスケットをしていたのがとても印象的でした。その気持ちをいつまでも忘れないで、何事もあきらめずにコツコツ練習してみてください。本当にありがとうございました。