第16回Wリーグ 第7戦

日  程

 2014年11月29日(土)  

会  場  ウィングアリーナ刈谷
 対戦相手   トヨタ自動車
チーム名 1st 2nd 3rd 4th OT1 TOT
デンソー 5 22 12   44

トヨタ自動車

7 15 24 13   59

レポート/Report

【スターティングメンバー】#8高田、#9牛田、#14大庭、#31高田、#41伊藤

 

1Q: 先制はトヨタ自動車#20近藤の得点でスタート。更に#8丹羽の攻撃が決まる。デンソーは開始2分シュートチャンスはあるもものなかなか得点に繋げられず苦しみ開始5分無得点。対するトヨタも序盤に決めた4点のみで攻撃が止まる。残り3分を切ったところで、デンソー#10藤原が交代早々3Pを決め、初得点。更に続けて#10藤原が積極的なドライブを仕掛けて得点を重ねる。しかしすぐさまトヨタ自動車#2川原の2Pが決まり、5-7トヨタ自動車リードで1Q終了。

 

2Q: 2Qはデンソー#8高田のインサイドで先制し7-7同点。その後はお互い一進一退の展開が続くが、残り5分トヨタ自動車の攻撃が連続で決まり、7-11となったところでデンソータイムアウト。タイムアウト後はトヨタ自動車#25久手堅の2P。デンソーは中盤からミスが続き相手に得点を与えてしまう。しかしデンソー#13伊集が3Pを決め喰らいつく。終盤、デンソーはピックアップミス等でトヨタ自動車に得点を許し苦しい展開となり、10-22トヨタ自動車リードで前半折り返し。

 

3Q:立ち上がりはデンソー#41伊藤のドライブインで得点する。続けて#8高田のリバウンドシュート、#14大庭の3Pで巻き返しを図る!トヨタ自動車がゾーンDEFに変えてくる。その後はトヨタ自動車#20近藤、#2川原を中心に加点。しかしデンソーも#8高田のインサイドと、#41伊藤のインターセプトからの早い攻撃で残り時間6分、21-30と9点差まで詰め寄る。更にデンソーはスローインからダイレクトで#8高田へパス。タップシュートで得点を決める。その間、トヨタ自動車は攻撃を緩めず、#25久手堅。#24栗原を中心に得点を重ねる。デンソーはDEFから早い攻撃を仕掛け、#11吉田の3P、#13伊集のミドルシュートで応酬するも、32-46とトヨタ自動車リードで3Q終了。

 

4Q:4Q開始はトヨタ自動車#20近藤、#12矢野らの得点で先制される。デンソーは#41伊藤の攻撃で応戦。中盤、デンソーはトヨタ自動車にリバウンドで主導権を握られ苦しむが、#9牛田の1on1や速攻で、残り3分38-57と詰める。終盤デンソーはプレスを仕掛けて相手のミスを誘い、#7本多の速攻、#9牛田の攻撃で必死に喰らいつき、残り1分7秒、44-59。その後もデンソーはDEFでプレッシャーを仕掛け、最後まで諦めない姿勢を見せるも、点差を縮めることができず、残念ながら44-59でトヨタ自動車に敗れた。

 

本日はデンソーアイリスのホームタウンゲーム。会場を埋め尽くすファンの方々が選手たちに力強い声援を送って頂きました。本当にありがとうございました!

選手コメント

≪藤原選手≫

今日はたくさんの方が応援に来てくださったのですが、自分たちのバスケットを見せることが出来ず、悔しい思いでいっぱいです。しっかり反省し切り替えて、明日の試合に挑みます。応援よろしくお願いします。

≪伊集選手≫

たくさんの応援ありがとうございました。今日は出だしから引いてしまったので、もう1度自分たちのバスケットを見直し、明日はしっかりと切り替えてゲームに臨みたいと思います!応援よろしくお願いします!