ジュニアアスリート応援プロジェクトを実施しました(2011.8.10)

2011年8月1日(月)~5日(金)愛知県・三重県にある小中学校にアイリス選手達が訪れ「バスケットボール教室」を実施しました。

このジュニアアスリート応援プロジェクトは、デンソースポーツ強化部(女子バスケットボール部・女子バレーボール部・女子ソフトボール部・女子陸上長距離部)が合同で行う企画で、スポーツ振興と地域貢献を目的とした、子供たちに指導を行うスポーツ教室です。また、アイリス選手自らが各学校の希望に沿ったメニューを考え、指導を行ないました。参加した子供たちからは、「とても楽しかった!丁寧に指導してもらえたので、少し上手くなったような気がします!自分が出来ないところを細かく教えてくれたので、嬉しかった!」など、目を輝かせてコメントしてくれました。アイリス選手から教えてもらったことを、いっぱい練習して、是非、今後の部活動に役立てて下さいね!

対象校

開催日 時間 実施場所 部員数 指導者
8月1日(月) 9:00~11:00  西尾市立八ツ面小学校 50  小畑・森川・服部・阿部
9:00~11:00  西尾市立一色中学校 15  藤原・吉田
82日(火) 9:00~11:00  豊明市立沓掛小学校 55  田中・阿部
83日(水) 9:30~11:30  東海市立加木屋中学校 36  田中・伊藤
9:00~11:00  大府市立東山小学校 31  吉田・阿部
84日(木) 16:00~18:00  桑名市立多度北小学校 20  服部・伊藤
85日(金) 9:00~11:00  安城市立安城南部小学校 51  小畑・森川・藤原

アイリス選手コメント

≪田中選手≫ 

わかりやすかった!少し上手になれた気がする!」言ってくれて、教えることの楽しさや、教えたことに対して一生懸命やってくれたので、逆に私達が元気をもらいました! 

 

≪小畑選手≫

男子を教えた時に一生懸命だったのが印象的でした。

子供たちは指導したメニューの中でもシュート練習が一番楽しそうでした!

≪藤原選手≫

子供たちが真剣に話を聞いてくれて少し難しいことでもチャレンジしてくれたので、すごく楽しい時間を過ごせました。また、指導することによって私自身も改めて基本の大切さを実感でき、普段交流することの少ない子ども達と接することが出来て、貴重な時間でした!

 

≪森川選手≫

指導する側になってみると、伝えること・集中力を最後まで保たせることの難しさを痛感しました。自分自身は、バスケットボールを楽しみながら、指導することができました!

≪吉田選手≫

小学生ということもあり、未経験者も多かったので指導するということの難しさを実感しました。でも、子供たちが楽しかったと言ってくれたので、とても嬉しかったです。子ども達の元気でたくさんのパワーをもらいました!

 

≪服部選手≫

子供たちが楽しそうに笑顔でやってくれて嬉しかったです。小学生には基礎的な事の他に、バスケットボールの楽しさを教えることが大切で、それが私達の一番の役目だと思いました。子供たちと触れ合うことで、教える・伝える難しさ・楽しさを知りました。いい経験になりました!

≪伊藤選手≫

スタッフがいないバスケットボール教室は初めてで、スムーズに進行できないところもありましたが、子供たちとコミュニケーションを取りながら、行なうことができました。終わった時に、楽しかったと言ってもらえて嬉しかったです!

≪阿部選手≫

指導メニューもうまく進行でき、良かったと思います。試合をした学校もあり、子供たちとのGAMEはとても楽しかったです!

フォトギャラリー

お知らせ

他3クラブ(女子バレーボール部・女子ソフトボール部・女子陸上長距離部)は8月下旬に実施します。

<< 詳しくはこちら