2013年

4月

15日

引退者のご報告(2013.4.19)

4月16日(火)デンソー本社にて開催された「第14回Wリーグ報告会」にて、引退者の発表がありましたので、ご報告いたします。

NO.7 田中 こずえ

20054月に桜花学園高等学校からデンソーに入社。

入社当時から安定したプレーで活躍。4年目に発症したアキレス腱炎にもずっと悩まされてきたが、常にコートに立ち続けた。2011年から2年間キャプテンを務め、チームにとっても非常に存在感が大きい頼りがいのある選手だった。

2012-2013シーズンをもって引退。今後は、デンソーにて社業に専念する。

 

<田中選手からメッセージ>

今シーズンをもって引退することになりました。いろんな事がありましたが、皆さんのお陰で頑張ることができたと思います。本当に心から感謝しています。8年間、デンソーアイリスの一員としてバスケットが出来て幸せでした。ありがとうございました。

 

2013年4月16日 田中 こずえ

 

NO.33 森川 悦子

20074月に日本女子体育大学からデンソーに入社。

大型センターとしてチームに加入し、2012年度にはスタメンとして起用され、191cmという長身を活かしたプレーでチームの勝利に貢献した。

2012-2013シーズンをもって引退。今後は、新しい人生を歩んでいく。

 

<森川選手からメッセージ>

今シーズンで引退することになりました。皆さんの応援のお陰で6年間頑張ることができました。沢山の期待に応えることができず、また今シーズンの結果も、昨年を上回ることができませんでした。本当に申し訳ありませんでした。これからは、バスケットボールから離れて、一社会人として、頑張っていきたいと思います。

 

2013年4月16日 森川 悦子

 

NO.5 大沼 美咲

20094月に山形商業高校からデンソーに入社。

コートの中での存在感は圧倒的で、リバウンドやディフェンスはチームの中でも秀でていた。真面目で努力を惜しまず、チームにとって必要不可欠な存在だった。

2012-2013シーズンをもって引退。今後は、サポートスタッフとしてチームに残り、選手を支えていく。

 

<大沼選手からメッセージ>

今シーズンで引退することになりました。チーム関係者の方々、会社の方々、そして今まで温かく応援して下さったファンの皆様、4年間支えて頂き本当にありがとうございました。2013年度からは、スタッフの一員としてチームに関わることになりました。沢山の方々への感謝の気持ちを忘れず、今後も皆様に応援して頂けるようなチーム作りに励んでいきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

2013年4月16日 大沼 美咲

 

マネージャー 道田 久美子

20094月に聖カタリナ高校からデンソーに入社。

デンソーでは4年間マネージャーを務めた。在籍中は、何事にも落ち着いて対処し、マネージャー業務はもちろん、選手の精神的なケアなど、チームにとって欠かせない存在だった。

2012-2013シーズンをもって引退。今後は、新しい人生を歩んでいく。

 

<道田マネージャーからメッセージ>

4年間デンソーアイリスのマネージャーとしてお世話になりました。たくさんの方が支えて下さり、応援して下さったお陰で、大変貴重な経験ができました。本当にありがとうございます。この経験を活かして、また新たなステージで頑張ります。今後ともデンソーアイリスをよろしくお願い致します。

 

2013年4月16日 道田 久美子