ジュニアアスリート応援プロジェクトを実施しました(2015.8.6)

2015年8月3日(月)~4日(火)、選手・スタッフが地元の小学校を訪問してバスケットボール教室を行う「ジュニアアスリート応援プロジェクト」を実施しました。

岡崎市立上地小学校
岡崎市立上地小学校
西尾市立三和小学校
西尾市立三和小学校

刈谷市立東刈谷小学校
刈谷市立東刈谷小学校
大府市立北山小学校
大府市立北山小学校

日進市立梨の木小学校
日進市立梨の木小学校

指導風景

当日は、基礎を中心に選手自らがメニューを考案し、指導を行いました。厳しい暑さの中での2時間でしたが、子供たちの笑顔と一生懸命に取り組み挑戦する姿に、刺激を受けた選手たち。このプロジェクトをきっかけに初心者の子供たちもバスケットボールが好きになってくれると嬉しいですね!




ジュニアアスリート応援プロジェクトを終えて

大庭選手
大庭選手

体育館に入ってすぐに大きな声で挨拶をしてくれた梨の木小学校のみんな!一つひとつのメニューを一生懸命取り組む姿に私たちも力をもらいました。今日は基本を中心に指導しましたが、バスケットは基本が大事なのでこれからどんどん練習を積み重ねていくことで基本が身につき、もっともっとバスケットが楽しくなってくれると嬉しく思います!またリーダーをやらせてもらい、自分自身もとても勉強になりました。

藤原選手
藤原選手

今回始まる前に、出来ないこともミスしていいからチャレンジしてみよう!と伝えてからクリニックをスタートさせました。子供たちは全てにおいて全力で取り組んでくれました。最初は出来なくても、何度かチャレンジしていくうちに、少し出来るようになり笑顔がみえた時はとても嬉しかったです。子供たちに教える事によって、自分自身が初心に返れたのでこの気持ちを忘れず、日々の練習に励みたいと思います!

本多選手
本多選手

今回、初めて一つのメニューを担当することになりました。メニューを始める前にいくつかのポイントをあげたり、何の為にどのような場面で活かせるなど説明する大切さを理解しました。またデモンストレーションでイメージをつけるだけでも子供たちはそれを目標に挑戦しようとします。去年は先輩方の姿を見ているだけでしたが、メニュー考案から指導まで担当できとても良い経験になりました。

~ジュニアアスリート応援プロジェクトとは~

今年で6回目となる「ジュニアアスリート応援プロジェクト」は、デンソースポーツ強化部(女子バレーボール部、女子バスケットボール部、女子ソフトボール部、女子陸上長距離部)の選手らが、当社製作所のある愛知県・三重県の小中学校を訪問して行うスポーツ教室です。子供たちが選手との交流を通じてスポーツの楽しさを感じ、技術向上につながるプロジェクトになればと考え、毎年夏休み期間中に実施しています。