2016年

6月

03日

刈谷市立富士松中学校 体育の授業をアイリス選手が務めました(2016.6.3)

去る、5月30日(月)と31日(火)に、企業と連携した授業づくりに取り組んでいる刈谷市立富士松中学校の体育の授業でデンソーアイリスがバスケットボールの技術指導を行いました。普段実施しているクリニックとは違い、選手たちも何か気づきがあったようです。

5月30(土)、31(日) @刈谷市立富士松中学校

5月30日(土) 5月31日(日)

1時間目 08:45~09:35

 

2時間目 09:45~10:35

 

3時間目 10:50~11:40

3時間目 10:50~11:40

4時間目 11:50~12:40

4時間目 11:50~12:40

指導した選手たちの感想

<園田奈緒選手>

滅多にない機会なので、私たちが一緒にやることで生徒たちにとっては新鮮で影響力があるように感じました。私たちも生徒に教えることでまた基礎から再確認することができました。

<牛田悠理選手>

班ごとに分かれて、今日の目標をしっかり考え、皆で共通意識を持ちながら取り組んでいる姿は驚きと共に感動しました。

得意・不得意はあると思いますが、皆積極的に取り組んでいて、どんどんチャレンジしてくれたので教えていてとても楽しかったです。

<伊藤恭子選手>

体育の授業でとても細かいところまで指導されていてびっくりしました。

バスケットの授業では、同じ班の仲間の良いところをお互いが見つけたり、上手くできない仲間をどうしたら上手くプレーできるかなど考えながら行う、良い授業だと思いました。

授業の様子