ジュニアアスリート応援プロジェクトを実施しました(2017.7.27)

2017年7月22日(土)、24日(月)、アイリス選手が地元の小中学校を訪問しバスケットボール教室を行う「ジュニアアスリート応援プロジェクト」を実施しました。

2017年度 対象校

【7月22日(土)】西尾市立八ツ面小学校、刈谷市立富士松南小学校、半田市立亀崎小学校 

【7月24日(土)】知多市立新田小学校、日進市立梨の木小学校

活動リポート

アイリス選手たちは、対象校の要望に応え、自らが事前にメニューを考えてクリニックに臨みます。

厳しい暑さの中でしたが、子供たちの笑顔や積極的にトライして頑張る姿にたくさんの元気をもらいました。参加してくれた子供たちも「いろいろな技や新しい練習方法を教えてもらえて嬉しかった。アイリス選手に直接教えてもられることをとても楽しみにしていた。」など嬉しい言葉も聞くことができました。

選手たちは教えることの難しさや、ファンダメンタルの大切さなど再認識できたようです。

ジュニアアスリート応援プロジェクトを終えて

伊集南選手

私が指導した学校は、男子高学年の子供たちは理解度も高くとても上手でした。女子も頑張ってくれましたが、基礎メニューと楽しめるメニューをメインに覚えていけば上達も早くバスケットが楽しくなるのではないかと思いました。当日はとても暑かったので子供たちの体調が気になりましたが、その中でも頑張ってくれて嬉しかったです。ありがとうございました。

田村未来選手

今回、怪我人が多いため予防になるようなトレーニングをという要望をもらいました。ストレッチをする意味や練習の目的や個人の目標など、子供たちがあまり理解していないように感じました。そこを意識させるだけでも怪我の予防や競技の向上に繋がると思います。このクリニックを通して本当に親御さんを含め、熱心に楽しく取り組んでくれたので、私自身も大変楽しい時間になりました、ありがとうございました!

オコエ桃仁花選手

参加してくれた子供たちがとても元気で、目がキラキラしていました。その子供たちが指導していく中で、汗をかき、必死に頑張っている姿が印象的でした。もっとバスケが好きだという気持ちを前に出してプレーをしてほしいです!

~ジュニアアスリート応援プロジェクトとは~

今年で8回目となる「ジュニアアスリート応援プロジェクト」は、デンソースポーツ強化部(女子バレーボール部、女子バスケットボール部、女子ソフトボール部、女子陸上長距離部)の選手らが、当社製作所のある愛知県・三重県の小中学校を訪問して行うスポーツ教室です。子供たちが選手との交流を通じてスポーツの楽しさを感じ、技術向上につながるプロジェクトになればと考え、毎年夏休み期間中に実施しています。